初心者向け!5分でマスターする歩の手筋~垂れ歩編~

      2016/11/24

tarehu

将棋のルールを覚えてさて次に何をするかと思うかもしれませんが、初心者の方におすすめなのは手筋を覚えることです。手筋は駒の使い方のことなので、駒の使い方をマスターすることで上達が加速します。ここではまず第一歩として歩の手筋から見ていきます。

 

歩は駒の中でも最弱です。前にいったとおりで、歩は最弱であるがゆえに最強です。この歩という駒を使いこなせるようになれば、すでに段位になっていることでしょう。

 

歩の手筋の基本のキの手筋を順番に紹介していきます。



スポンサーリンク

垂れ歩(垂らしの歩)

垂れ歩とは、直接駒に当てるのではなく、相手陣に入って成ることを狙った手です。手数は2手かかりますが、と金を作ることは将棋において重要です。と金は相手に取られても歩ですが、自分が使うときは金と同じ動きをしますので強力な駒のひとつです。

早速どのような局面で使うのか見ていきましょう。まず下の図を見てください。

%e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%91

この局面すでに先手が有利ですが、次の一手はわかりますか。歩成を狙う一手です。

ちなみに2三歩打は違いますよ。

%e5%9e%82%e3%82%8c%e6%ad%a9%e5%a4%b1%e6%95%97

これで角をつかまれそうにみえるかもしれません。しかし角が4四角と逃げられます。

%e5%9e%82%e3%82%8c%e6%ad%a9%e5%a4%b1%e6%95%97%ef%bc%92

逃げたならば歩成だなと意気揚々とやると、

%e5%a4%b1%e6%95%97

と金を角で取られてしまいます。ただ単に歩を贈呈しただけです。

最初の局面でそのほかに歩成を狙う手は何でしょうか。

%e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%92

2四歩が正解です。

これのどこが厳しいのかわかりにくいと思うので丁寧に解説していきます。

これをもし相手が放置したらどうなるか。当然歩成です。

%e5%9e%82%e3%82%8c%e6%ad%a9%ef%bc%93

これは金と角取りに当たっています。両取りというやつです。両取りは基本次の手番でどちらかの駒がとれる状態です。

例えば3一角と角が逃げたとすると

%e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%94

3二と金で金が取れますし、金が3一金と逃げれば、

%e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%98

2二と金と角を取れます。

ここまで大丈夫でしょうか。

相手はこのような局面を避けたいと思うのが普通です。

 

 

垂れ歩をした局面に戻ります。

%e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%92

ここで応援を出す意味で△3三銀はどうでしょう。

%ef%bc%93%e4%b8%89%e9%8a%80

これは全く意味がありません。2三歩成で終わりです。

%e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%95

なぜ意味がないかというと先手は2三の地点を狙っています。2三の地点に先手は歩と飛車の2枚の効きがあります。一方後手は金1枚しか効いていません。垂れ歩の局面と△3三銀として局面を確認してみてください。

2三の地点に利きを増やすのであれば意味があるのですが、3三銀は2三の地点に効きを増やす手でもなんでもないので無意味の手です。

上の局面から金でと金を払えば、飛車で金を取り返して下の局面です。

  %e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%96 

このように垂れ歩は威力が強いのです。

 

また、垂れ歩の局面に戻ります。

%e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%92

銀を挙げても意味がないので、金や角が逃げる手を考えます。例えば金が3一金と逃げたとします。

それにも▲2三歩成です。

  %e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%98

角取りにあたっているので、角を逃げる△4四角です。

%e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%99

この局面初心者のころは困っていた記憶がありますがここで好手があります。%e5%9e%82%e3%82%8c%e6%ad%a9%ef%bc%91%ef%bc%90

3二と金です。せっかく作ったと金を捨てる手なのでもったいなく感じるかもしれませんが、どうなるか見ていきましょう。

当然相手は金を取られるわけにいかないので3二金(同金)としてきますが、そこで2一飛車成とできます。

%e5%9e%82%e3%82%8c%ef%bc%91%ef%bc%91 

桂馬を取りながら竜を作ることができました。また、3二の金取りになっているので、後手は△3一金としてますが、そこで▲2八竜と自陣まで竜を戻せば大成功です。

このようにと金を作ることを狙いながら、飛車成を狙ったりするのが、垂れ歩の手筋です。

 

 



スポンサーリンク

実戦で垂れ歩が間接的に現れる局面

 

ちなみに上のように垂れ歩が炸裂することはまれですが、

▲居飛車対△原始中飛車の戦いでは間接的に垂れ歩が現れます。

下の図を見てください。

%e4%b8%ad%ef%bc%91

この局面は居飛車側が飛車先の歩を交換した局面です。

ここから自陣に飛車を引きます。

%e4%b8%ad%ef%bc%92

すると先ほどと似た局面になっていますね?次の狙いは当然2四歩の垂れ歩です。

%e4%b8%ad%ef%bc%93

これをされると後手もと金を作られてしまうのでいやです。それを防ぐために居飛車側の飛車が戻ったときに2三歩打ちと垂れ歩を防ぎます。

%e4%b8%ad%ef%bc%94

このように実際に現れなくても、垂れ歩を攻め玉に駆け引きが行われているところも将棋の面白いところです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は歩の手筋の中の垂れ歩に焦点を当ててお話ししてみました。

ほんとは垂れ歩以外の手筋にも触れようとおもっていたのですが、想定外に垂れ歩が長くなってしまいました。(笑)

わかりやすさを追求していきたいと思いますので、わからないところはコメントにでも載せてください。

また、間違っているところがあればよろしくお願い致します。

 

 

 

ランキングに参加しています。よかったら、ポチっと!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーリンク

 - 上達方法, 勉強方法, 将棋ルール, 将棋初心者, 手筋 初心者, 垂れ歩, 手筋