居飛車

圧倒的レビュー!史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀の定跡、いい点、悪い点も少し解説!

アマチュア将棋において重要なこと、、、それは主導権を握ること!

攻めてる方が勝ちやすいのがアマチュア将棋で、級位が下がれば下がるほど、攻めてるほうが勝ちやすい!

そしてそれを体現しているような戦法が今回紹介する本「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)」で解説されている極限早繰り銀です。

その名のとおり、先手番で最速で攻める戦法といっても過言ではないほど、すぐに攻めの体制を見せ、将棋はまず囲うという格言に逆行する、いやまさにすぐ攻めていく初心者のような戦法です。

しかし、その戦法が驚くべきことにプロ棋士戦にも出てくるほど優秀な戦法なら、アマチュアのあなたが使わない手はありませんよ!

対策を知らなければすぐに攻め潰せる爽快な戦法をあなたの得意戦法に加えませんか?

極限早繰り銀とは

極限早繰り銀とは今回紹介する「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)の著者佐藤慎一先生が得意とされる先手番の居飛車戦法の一つです

極限早繰り銀は初手より▲2六歩〜2五歩と飛車先を決めて、△3三角と受けさせ、角頭を狙っていく極めてシンプルかつ最速で仕掛けられる戦法です

上図までわずかに15手です!!

 

こんなに簡単な定跡と短い手数で仕掛けれるくせに、仕掛けられたほうは対応が難しいというなんともお得感が高いの極限早繰り銀ですよ!!

 

 

詳しくは今から解説していきますが、極限早繰り銀について一から学んで得意戦法にしたいという方は以下の「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)」を。

史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)

 

ある程度棋力があって、相掛かりも知識があってバリエーションを増やしたいという人は、簡単な解説で概要を掴むことができる将棋世界の付録「極限早繰り銀戦法(将棋世界2017年8月号付録)」をおすすめします。また、まだ本格的に極限早繰り銀を使うか迷っている人も触りだけなら下記の付録をおすすめします。

極限早繰り銀戦法(将棋世界2017年8月号付録)

 

極限早繰り銀のメリット

ゴキゲン中飛車や横歩取りに悩まされている方には朗報です!!

飛車先を早々に決めるため、後手のゴキゲン中飛車、横歩取り、2手目△3二飛車戦法などの選択肢をなくしているのが大きなメリットで、勉強する範囲を大きく減らすことができます。

序盤はある程度指し手が決まっており、自分の土俵に誘導しやすく、さらに主導権を握ったまま戦いを進めれるのも魅力の一つですよ。

 

極限早繰り銀のデメリット

飛車先を早々に決めてしまうため、上記の戦法は防ぐことができますが、向かい飛車を誘発させます。

向かい飛車ってなかなかされないからあんまり対策を知らないって人もおおいはず!!

向かい飛車からの逆棒銀の逆襲に注意が必要になります。そのため別途向かい飛車の定跡、対策を行う必要があります。

 

向かい飛車にお困りの方はこちらの安用寺 孝功先生が著者の「1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)」がおすすめです。

 

1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)

角道を塞ぐノーマル向かい飛車、角道オープン向かい飛車の両方の対策を行えます。また居飛車の戦い方についても書かれており、居飛車、振り飛車依怙贔屓なく書かれているのも好感が持てます。

 

 

また相手も飛車先をついてきた場合には相掛かりに突入してしまうため極限早繰り銀から離れてしまいます。

一応は今回紹介する本にも相掛かりの解説もありますが、さらりとしか解説されていません。

別の本で相掛かりの勉強が必要になります。中座真先生が著者の「相掛かりの新常識 (マイナビ将棋BOOKS)」が端歩の関係、棒銀の受け方をわかりやすく解説しているのでおすすめですよ。

相掛かりの新常識 (マイナビ将棋BOOKS)

 

「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀」の内容・目次

最速の仕掛けというだけあって、下記の図の通りわずか15手で仕掛けています

こんな単純で狙いがシンプルな戦法ながら意外や意外と奥が深いですよね!

 

後手が極限早繰り銀に対して囲いを優先する自然な対応を見せた時の痛快な潰し方はマイナビさんのほうで解説しているのでご覧ください。

 

当サイトでは悪い点・管理人がおすすめだと思う点や良い点をレビューしていこうと思います。

まずはじめに目次から!!

ざっとみてもらえばわかりますが、

「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀」の全ページ222ページ

  • 先手番極限早繰り銀 80ページ
  • 後手番極限早繰り銀 40ページ
  • 相掛かり 30ページ
  • 次の一手 25ページ
  • 自戦記 残りページ

といった感じです。

 

「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀」の定跡を解説・指定局面へ誘導しやすい!

指定局面というかよく現れる局面を少し解説したいので初手から簡単に解説しておきますね。

 

初手より

▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩

後手が角道を開けたのを確認してすぐに飛車先を伸ばすのが強制力を持たせて△2四の地点を守らせる△3三角とするように誘導しています。

 

△3三角 ▲7六歩

角道をお互い開けたため、角交換がいつでもできる形になりました。後手としては△3三角と上がって飛車先を守ったので角交換は手損になるためしづらいですよね。

そこで角にヒモをつける△2二銀が妥当なところです。

このように先手は自然と指しているだけで後手に強制力を持って指させることができます。

 

△2二銀▲4八銀 △3二金 ▲3六歩

すぐに早繰り銀をみせていきます。

 

△8四歩 ▲3七銀 △8五歩 ▲7八金

後手も先手のいいなりでは上記したとおりつぶされてしまうので飛車先を伸ばして対応してきます。

ここから後手は飛車先の歩を交換してくるのが定跡で、実戦でもここまで道を外れることなく進むケースがほとんどです。

だから勉強した分だけ、研究した分だけあなたが有利になるんですよね。

 

△8六歩 ▲同 歩△同 飛 ▲4六銀

上図が後手の作戦の分岐地点です。

ここから以下の3つが主に考えられる指し手です。

  • △7六飛(横歩取り)
  • △8四飛(浮き飛車に構える)
  • △8五飛(中座飛車に構える空中戦)

 

△7六飛

△8四飛

△8五飛

といった具合に上図の3つの局面に誘導しやすく、その後の解説部分で出てくる手筋がバンバン炸裂しますよ!

角交換して桂馬を跳ねたり、▲8二歩と桂取りに打つ手を見せながら攻めたりといろんな構想が実践で出てくるので楽しいこと間違いなし!!!

 

 

「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀」の3つの悪かった点、4つ良かった点、おすすめポイント!

解説を簡単にしましたが、悪かった点良かった点、おすすめポイントについてまとめていきますね。

  • 後手番では使えない
  • 相掛かりの解説がしょぼい
  • 次戦記よりも解説部をふやしてほしかった

 後手番では極限早繰り銀を使えない

少し語弊がありますが、後手番の極限早繰り銀が完膚なきまでに粉砕されてしまいました(´;ω;`)

2018年7月19日

第77期順位戦C級2組2回戦

大橋貴洸 四段 対 佐藤慎一 五段

先手番の大橋先生が後手番佐藤先生の極限早繰り銀を粉砕!!

引用:クロノさんYouTubeチャンネル

おそらく、まだ後手番での工夫の使用はあるのでしょうが、現状ではここまで華麗に粉砕されては後手番で極限早繰り銀を指そうと思わないですよね。

ましてや、極限早繰り銀のスペシャリストである佐藤先生が綺麗に負けてしまっていますから。

そのため、「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)」の後手番の解説部分は、さらりと読んで手筋や形を参考にする程度に収まります。

 

相掛かりの解説がしょぼいというか端折っている

相掛かりの章に少しページを割いてくださってはいるのですが、内容が端折っていて他の棋書が絶対に必要だろうという内容になっています。途中の変化も少し疑問に感じてしまう部分もありますので、相掛かりは形や雰囲気を味わう程度におさまります。

しっかりと相掛かりの知識を別の棋書で補ってあげる必要があります。上記でも紹介した「相掛かりの新常識 (マイナビ将棋BOOKS)」や、「よくわかる相掛かり (マイナビ将棋BOOKS)」(やや内容が古い)で予備知識を得てから相掛かり部分を読むとすんなりと理解できると思います。

相掛かりの新常識 (マイナビ将棋BOOKS)

よくわかる相掛かり (マイナビ将棋BOOKS)

自戦記よりも解説部をふやしてほしかった

これは相掛かりの部分にも言えることなのですが、自戦記や相掛かりの解説部分をいれるのであれば、先手の極限早繰り銀の解説部分を増やしてもらったほうが指す側としては有難かったなぁと思います。

やはり先手番の方が極限早繰り銀への誘導(というかもはや強制)しやすいためです。

藤井聡太先生との対局は見る価値はめちゃくちゃありますけどね(笑)

 

  • 先手番での戦法として優秀すぐる!
  • チャートが役立つ
  • 先手番極限早繰り銀の解説がものすごくいい
  • 次の一手が意外と役に立つ

先手番での戦法として優秀すぐる!

散々うえで悪い点を述べましたが、本書はとても良い本です。

そもそも管理人が「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)」を手に取ったとのは、先手番の三間飛車に行き詰まりを感じていたからです。先手番で三間飛車をしようとするとどうしても角道を閉じる関係で相振り飛車にされてしまい対策に困っていたので、いっそのこと先手番は居飛車で戦ってはどうかと思い、この戦法を取り入れました。

するとどうでしょう。

なんと本書と相掛かりの新常識の変化がバッチバッチハマるので、先手番での勝率が劇的に上昇したのです。

もう相手が接待してくれてるかのように上で解説したとおりに変化していき、指定局面(本書解説局面)に誘導できます

 

仕掛ける側の私は簡単に仕掛けれるのに、後手番の相手は極限早繰り銀で仕掛けられると大変という構図が出来上がります。

居飛車の手筋がたくさんでてくるので、次の一手の基礎問題で出てくるくせになかなか使えない継ぎ歩や合わせの歩などもバンバン使えて俺つえーができますよ!

 

 

 

地味に役立つチャート

目次の後にチャートがあるのですが、これが地味に役立ちます。極限早繰り銀を指しはじめたころって間違えることが多いのですが自分の棋譜をなぞりながら本書チャートで検索するとどこで間違えたのか一目瞭然です。欲を言えば解説しているページもつけてあれば完璧だったのですが、、、。

先手番極限早繰り銀の解説がものすごくいい

先手番で使うことがほとんどの戦法なので当然ですが、先手番を解説するのに割いているページは80ページ程です。(本書ページ数全222ページ)ほぼ半分近くは先手番の解説です。

 

ほぼこれのために買っても元が取れまくれるといったぐらい分かりやすく、実戦でも現れる局面ばかりが解説されています。

 

特に先ほど解説した、第1章の第2節の後手から飛車先を交換してきた後の飛車の位置による対応方法の部分は必読ですね。

次の一手が意外と役に立つ

上記でも少し解説しましたが、次の一手も実戦で現れやすい問題ばかりなので、実戦で活きまくります。

一部をチラ見せしますね。下の問題を見てください。

これぞ手筋って感じの手ですよ。次に後手から△8六歩が見えているだけにゆっくり指す局面ではありません。当然の一手ですよ。

 

あーーー言いたいけどもあとは「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)」を手にとって自分の目で確認してみてください。

史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)

 

まとめ

さて、強くなりたいですか?

どのくらいで強くなりたいですか?

私は最速で強くなりたいです。あなたはどうですか??

 

強くなりたい!先手番の戦法に困っているというあなたに史上最速の攻撃戦法を身に付けて、即刻勝ってほしい!そんな思いで真面目におすすめする一冊です。

その他にもいろんな本をおすすめしているので参考にしてください。
初心者の方はまず1手詰めを練習して、極限早繰り銀のように一つの戦法を得意戦にすえて戦うのが上達のコツですよ!