上達方法

初心者、中級者におすすめ1手3手詰め将棋本!詰ますコツをつかむ!

初心者や中級者には詰め将棋が大切ですと何度もお伝えしましたが、詰め将棋本を紹介する機会がありませんでしたので、今回は管理人がおすすめする初心者、中級者向けの詰め将棋の本をまとめてみました。

ちなみに将棋の本を買うのはまだ早いと思っている初心者の皆さんのために、無料で利用できる詰将棋アプリについても記事にしたので確認してみてください。

>>将棋初心者におすすめの無料で上達できる1手詰めの詰将棋アプリ3選!

注意!上級者や段位の人は見ないで下さい。!!

スポンサーリンク

詰将棋一丁目三番地(実業之日本社) 著者:森 信雄

おすすめの棋力:初心者~中級者

1手詰め:120問

3手詰め:240問

合計:400問

正直に言おう。1手詰めの本をまだ持っていないという人はこの本があれば十分です。

本書の特徴はなんといっても、上下に形が似た問題を2問1組になっていることである。

これは後にも紹介する1手詰め入門ドリルと同様だが、管理人はまずこっちから購入したので、見やすくて間違えやすくて衝撃を覚えたの今でも覚えています。

上下に似た問題というだけあって、詰み形も少し違います。似た形でもうっかりすると間違えますよという戒めのためにも、この問題集で1手詰めと3手詰めをマスターしてほしい。

もともと森先生はトリッキーな筋の詰将棋を作るのが得な先生です。しかし今作では初心者~中級者向けの詰め将棋問題ということでトリッキーさを封印して、基本的な形や間違えそうな形を中心に作成してくれました。

てか作りすぎです。1問あたりの2.7円とか元が取れるのか心配になるレベルですよ!!

他の詰将棋問題集を圧倒するこの問題量と上下に似た問題が並んだ構成どれをとっても一級品です!

これは間違いなくおススメです。

 

 

 

1手3手の詰将棋 (マイナビ将棋文庫) 著者: 米長邦雄永世棋聖

おすすめの棋力:初心者~中級者
1手詰め: 61問
3手詰め:139問
合計   :200問
1手詰めと3手詰め両方収録されている詰め将棋本です。
こちらは詰将棋一丁目三番地に比べて基本的な1手詰めの頭金~つるし桂等々、初心者に抑えておいてほしい基本の詰み形を練習することができます。

正直1手詰めは61問もあれば、ほとんどの1手詰めの形がでてきますので、この本で1手詰めを完璧にしてそのまま、3手詰めに移っていけばいいと思います。

3手詰めの方も、トリッキーな問題はなく、基本的な詰め筋を網羅してあります。

139問あれば3手詰めの基本は押さえることができます。

この本の1手詰めと3手詰めを繰り返し解くだけで、読みも正確になりますし、終盤で基本的な詰みに気づかないということはなくなります。

~余談~
この本は私、管理人が詰め将棋嫌いから脱出した本でもあります。ちなみに管理人は初めて解こうとした詰め将棋は7手詰めでした(笑)なんでそんなに背伸びしたのかはよくわかりません。なんとなく短手数の詰め将棋を解いても意味がないと勘違いしていたようです(笑)

 

 

スポンサーリンク

将棋1手詰入門ドリル(池田書店) 著者:椎名龍一

 

おすすめの棋力:初心者~初心者に毛がはえたレベル
1手詰め: 280問
合計:280問

初心者の頃って詰将棋解けなくてイライラしてしまいますよね?そんな人におすすめなのがこれ!

この問題集は解いてみればわかりますが、基本的な問題しか掲載していません。

2016-11-26g

これが一問目です。答えは当然5二金ですが、こんな問題がたくさん掲載されています。

ちなみに本の中ではLevel1~3の問題分類わけがされていて上の問題は当然Level1ですが、

Level2は下のような問題

2016-11-26h

答えは2三歩成

Level3になると少し難しくなります。

 

2016-11-26i

答えは3六金打ち

と問題を見てもらえればわかりますが、最初は簡単で後のほうは実戦局面を問題としているので、実戦的な詰将棋を説きたい人にはおすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

管理人なりにおすすめの詰将棋本をまとめてみました。

どれも読み込み過ぎてボロボロになっていますが、愛着を持っているので捨てるに捨てれません。

久しぶりにみてみると、見た瞬間に解けるのでパラパラ解いて、自信を取り戻せそうです。

スランプ脱出に効果的かもしれませんね。

 

スポンサーリンク