Kindle Unlimited

【必死本】終盤が強くなる1手3手必至(マイナビ将棋文庫)の感想レビューと無料で読む方法【書評】

【必死本】終盤が強くなる1手3手必至(マイナビ将棋文庫)の感想レビューと無料で読む方法【書評】
悩む人
悩む人
必死の問題集本の終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)のレビューってどんなの?対象の棋力や問題の難易度は?もし安く読む方法や無料で読む方法があったら知りたい。

こんな疑問にお答えします。

 

結論、終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)は、寄せが見える本基礎編をやってから読むべき本。

対象棋力は最低でも1級~初段は必要ですね。あと安く読むどころか無料で読む方法があるので紹介しておきます。

 

 

今回は、次の内容を解説していきます。

  • 終盤が強くなる1手3手必至の感想とレビュー
  • 対象棋力と実際どんな問題が掲載されているのか
  • この本を読む前に読んでおくとよい本
  • この本の次に読むべき本
  • 無料で読む方法

この記事を読めば、あなたが『終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)』を買うべきか、買わないべきかわかりますし、終盤で競り勝つための必至が上達できます。

それではまいります。

 

 

終盤が強くなる1手3手必至の感想とレビュー

終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)』は1手必至と3手必至の問題集。

  • 1手必至:90問
  • 3手必至:90問

詰将棋の問題集は多い反面、必至の問題集は少ない印象。そして、1手必至になるとより少ない印象を受けます。

実際、Amazonのレビューにも同じことが言われてますね。

「必至問題集」は、「詰将棋問題集」と比較して、圧倒的に数が少ないです。
引用:Amazon

そんな中で見つけた『終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)』は、控えめにいって最高の必至本と言えます。

 

特に詰将棋に比べると、必至は実践でも狙うことが多く、『実戦では詰ますより、必至や詰めろ』と言われるくらいです。

 

実戦で勝率を上げたい将棋中級者や、上級者におすすめしたい一冊ですね。

 

 

対象の棋力

対象棋力は先程も伝えたとおり、1級~初段クラスの人向け。

詰将棋で言えば、3手詰め~5手詰め将棋が簡単に解けるレベルの人。

そしてもっというと、必至がどういうものか、必至の基本形を理解している人。

このあたりができていないと『難しすぎて解けん!!!』と嘆くことになります。

まずは3手や5手詰めをマスターしておきましょう。

必至の基本形がわからんという方はコチラで勉強が必須です。特におすすめしたい必至の入門書は『寄せが見える本 〈基礎編〉 (最強将棋レクチャーブックス (1))』です。

>>将棋の終盤での必至・必死の勉強方法やおすすめの本まとめ

どんな問題?

終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)』で実際に出題されている問題を2問だけ紹介しておきます。

 

1手必至の1問目は下のとおり。

【必死本】終盤が強くなる1手3手必至(マイナビ将棋文庫)の感想レビューと無料で読む方法【書評】

相手がどう対応しても受けがない形『必至』を目指してください。

解説部は下のような形になっています。

【必死本】終盤が強くなる1手3手必至(マイナビ将棋文庫)の感想レビューと無料で読む方法【書評】

すべてを網羅して解説しているかは別としてゴチャゴチャしていないし端的に解説しているのがわかりやすいですね。

ちなみに1手必至の最終問題は下のような問題。

【必死本】終盤が強くなる1手3手必至(マイナビ将棋文庫)の感想レビューと無料で読む方法【書評】

回答は買ってからのお楽しみということで。

 

ちなみに買わなくても無料で読むことができますよ。後述してありますが、ネタバレすると『Kindle Unlimited』を使う方法です。気になる人はスクロールして飛ばしてください。

この本を読む前に読んでおくべき本は?【寄せが見える本 基礎編は必読】

必至の基本形がわからんという方はコチラで勉強が必須です。特におすすめしたい必至の入門書は『寄せが見える本 〈基礎編〉 (最強将棋レクチャーブックス (1))』です。

コチラの本がなぜおすすめかというと、必至の基本形の説明が懇切丁寧にされているから。

もし、

『読みが浅くて必至の問題が解けない』

『必至の基本形をまず知らない』

という方はまず『寄せが見える本 〈基礎編〉 (最強将棋レクチャーブックス (1))』で必至の基本をマスターしてからコチラに取り組んだほうが挫折しにくいですね。

 

合わせて、金子さんが出版している名著中の名著である『寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)も読んでおくとこちらの問題は簡単に感じるでしょう。

>>将棋の終盤での必至・必死の勉強方法やおすすめの本まとめ

 

とはいえ、こちらの本を2冊買うと3,000円弱の出費になります。

私は、『なるべくお金をかけずに将棋が強くなりたいなぁ』と思ったので、無料で将棋の本を読めちゃうサービスを利用しました。

 

次に説明します。

終盤が強くなる1手3手必至を無料で読む方法は?

実は、『終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)』は無料で読めてしまいます。

なぜ無料で読めるかというと、Kindle Unlimitedというサービスを使うから。

下の記事に詳しい説明があります。

>>Kindle Unlimitedとは?30日間無料で棋書500冊が読めて将棋初心者が強くなれます!

このサービスはAmazonが提供する電子書籍が読み放題になるサービスで、30日間無料体験期間を利用すれば『終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)』が無料で読めちゃいます。

30日間を越えてしまうと月額980円かかるので注意が必要。

とはいえ、月額980円で将棋本をはじめとする書籍、ビジネス本、漫画などが読み放題。しかも10冊まで借りることができるので、将棋本を10冊買うことを考えると10冊×1000円=1万円。しかも将棋本って買ったら満足して読まないこともしばしばありますよね。実際私も本棚の肥やしになっている棋書が多数あります笑

無料体験だけを使って読んでしまえば完全無料なんで一度試してみてもいいかと。無料体験中に解約すればお金は一切かからずいろんな本が読めちゃいますよ。

いずれにしても『終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)』を無料で読みたいのなら、Kindle Unlimited一択ですね。

将棋本10冊をまとめて30日体験Kindle Unlimitedで読んでしまえば、棋書10冊×1000円=1万円が0円で読めちゃうことになりますよね。

 

【まとめ】終盤が強くなる1手3手必至で終盤の強化で勝率アップ!

【まとめ】終盤が強くなる1手3手必至で終盤の強化で勝率アップ!
将棋に強くなりたいなら詰将棋より必至のほうが効果が高いですね。

ただ、詰将棋は読みの力を鍛える上では必須なので短手数の詰将棋本での練習は不可欠です。
ちなみに下の詰将棋本は詰将棋初心者でも取り組める上にKindle Unlimitedの読み放題プランに入っている本です。
>>【上達する】詰将棋初心者なら「1から始める詰将棋」がおすすめ!
>>解いてスッキリ!3手5手の詰将棋のレビューとキンドルで無料で読む方法!

つまり、Kindle Unlimitedに登録さえしてしまえば詰将棋も必至も対策可能ということ。さらに言えば定跡書も多数読み放題に含まれているので自分にあった戦法を選ぶのにも最適ですよ。

まだ弱いんですか??

どうしたら強くなれるか?

結論は、将棋の本を読みまくるしかありません。

でもたくさんの将棋本を買うのって大変ですよね?

そこで紹介するのがKindle Unlimited。このサービスはAmazonが提供する30日間電子書籍が無料で読み放題になるサービスで、お金をかけずに将棋初心者でも強くなれます。

なぜならKindle Unlimitedなら、将棋本が500冊読み放題になるから。

私は『私が将棋で2段に昇段するまでやった上達方法!』で説明するとおり勉強したら初心者の5級くらいから二段まで一気に上達しましたが、このサービスがあればもっと早く強くなれたのに・・・と感じています。
詳しくは、下の記事をご覧ください。

Kindle Unlimitedとは?