上達方法

毎日5分の詰め将棋嫌いにおすすめの解き方!初心・中級者が上達する勉強方法!

「詰め将棋をやれば強くなれるのはわかっているけど時間がかかるからきらいでござる」、「おいらは実戦だけで強くなるでやんす」、「べ、べつ詰め将棋できねぇーわけじゃねーし、やらねぇーだけだし」と武士の方、野球部の方、ツンデレの方など全国の詰め将棋嫌いの皆さん。お待たせしました。

※詰め将棋をなぜしなくてはいけないのか納得できていない人はこちらへ

誰でも毎日5分でできる詰め将棋の解き方「はちみつ将棋カフェ式詰め将棋術」を提案します。これは文字どおり5分で終わりますので、気負わずに皆さんも参考にレッツ詰め将棋ライフ!

 

スポンサーリンク

5分でできるの?

 

できます。だって制限時間を5分にしますから。

 

いままで詰め将棋を毎日10問するとか20問するとか、問題数をノルマにしていた人。苦痛ではありませんでしたか?

 

私の提案する方法は、問題数ではなく、時間の方で区切ります。

つまり毎日の将棋の勉強時間が限られている方、詰め将棋を解いていたら時間が経っていたという方、詰め将棋をやっていたらいつの間にか夢の中にいた人も大丈夫です。5分間なら人間集中できます。そして頭を悩ますこともないので夢の世界へ誘われることもありません。

 

はちみつ将棋カフェ式詰め将棋術

 

やり方は簡単!2工程です。

1.スマホのタイマーを5分にセットする。(タイマー、5分で終わる曲でもOK)

2.1手詰めの問題集(一目で解ける問題集)を手元に置く。

これだけです。

 

ここで重要なのは一目で解ける問題集で解くということです。

 

 

なぜ5分なのか

 

なぜ5分間の前に普段の対局で1手に平均何秒使っているのか見ていきましょう。

 

 

あなたは1手に何秒使っている?

 

将棋は終局時の平均手数は60手~120手くらいだと思いますが、1手に何秒くらい使っているか考えたことありますか。

少し考え見ます。

 

あなたが将棋ウォーズで10分切れ負けの対局をしたとします。

仮にお互いが10分間を使い切って終局したとすると、10分×2人で20分間=1200秒あります。

終局時の手数が60手、100手、120手で、それぞれ1手に平均消費時間を見てみました。

終局時手数 1手平均消費時間
60手 20秒
100手 12秒
120手 10秒

左に手数、右に1手の平均消費時間を書きましたが、

10分切れ負けですら、1手わずか10秒~20秒ほどしか時間が使えません。

 

(定跡手や当然の1手には数秒しか使わないかもしれませんし、重要な局面で時間を使う場合も考えられるし、相手の考慮時間も使えるので一概にはいえませんが)

 

これが仮に3分切れ負けだと下の様になります。

仮にお互いが3分間を使い切って終局したとすると、3分×2人で6分間=360秒ありますが

終局時手数 1手平均消費時間
60手 6秒
100手 3.6秒
120手 3秒

3分切れ負けだと、1手にわずか3~6秒しかかけれません。

 

もう一度いいます。

3分切れ負けだと、1手に3~6秒しかかけれないのです!!

 

つまり、早く読めることは正義です。早く読める=「読みの反射神経」が高いは正義です。

アマチュアは大会でも短い持ち時間しかありません。

だから早く読めれば読める程、有利になります。

 

スポンサーリンク

なぜ詰め将棋を解く時間を5分間に制限するのか。

 

ここで戻ります。なぜ詰め将棋を解く時間を5分間に制限するのか。

それは「読みの反射神経」と「読みの深さ」を同時に鍛えるためです。

※「読みの深さ」と「読みの広がり」についてはこちらをよみたまえ!

5分間というのは

 

5分間=5分×60秒=300秒間です。

 

仮に5秒で詰め将棋が1問解ければ、60問解けますし

仮に10秒で詰め将棋が1問解ければ、30問解けます。

下に表にしてみました。

左に1問にかかる時間、右に解ける問題数

1問にかかる時間

解ける問題数

60秒

5問

30秒

10問

20秒

15問

10秒

30問

5秒

60問

3秒

100問

早く読める=1問にかかる秒数が短い=解ける問題数も多い

 

もっというと、3秒で100問解ける読みの反射神経を身につけなくてはいけません。

1問10秒かかる人と1問3秒かかる人どちらが有利かわかりますよね。

 

なぜ一目で解ける問題集なのか

 

なぜ一目で解ける問題集なのかはもうわかると思います。簡単じゃないと短い時間で解けません

ここは読みの深さではなく、読みの反射神経を鍛えるためです。

見て答える、見て答える、見て答える・・・見て答える!これの繰り返しです。

これを繰り返すことで、読みの反射神経が鍛えられます。

 

そして、数日繰り返せば、わかると思いますが、これを繰り返すといつのまにか解ける問題数がどんどん増えていきます。そしていつの間にか読める深さもどんどん深くなっていきます。

現に管理人はこの方法を使って将棋ウォーズ1ヶ月で5級→2級までいっきに上達しました。

 

はちみつ将棋カフェ式詰め将棋術の心

 

はちみつ将棋カフェ式詰め将棋術、その心は、圧倒的実戦回数です。

初心者や中級者に足りないのは、実戦の回数です

それを詰め将棋をたくさん解くことで、たくさんの局面を一瞬で詰ます「読みの反射神経」を付け、1手詰めから3手詰めへと手数を伸ばすことで「読みの深さ」まで鍛えることができるのです。

一石二鳥の詰め将棋術なのです!

誰でも何度も何度もやれば上達するのは当たり前ですよね!

 

まとめ

 

はちみつ将棋カフェ式詰め将棋術は5分間で一目の詰め将棋問題を圧倒的回数こなすことを目的としてやります。

重要な点は、5分を超えてやらないこと、一目でできない問題集は使わない。この2点だけです。

ちなみに時間の余裕のある人は、制限時間を10分に延ばしてもいいと思います。

また、詰め将棋の問題集をたくさんもっていないという人ですが、

新たに買う必要はありません。今持っている1手詰めの問題集1冊を繰り返しやればOKです。

何度も何度も同じ問題をするので問題を覚えてしまうかもしれませんがかまいません。覚えることで詰め形や駒の使い方、符号に強くなり、自然とあなたの血となり、肉となります。

その問題集では簡単すぎる状態になったら次の問題集の購入を考えましょう。

もし持っている問題集のレベルが高すぎ場合には1手詰め3手詰め等の問題集の購入を検討下さい。

※自分のレベルがわからないだと!?これを確認しておきなさい!

 

1週間やれば、すぐに効果がでます。

 

毎日5分間スリリングな時間を過ごしてみませんか?

毎日継続できるやり方が一番の上達方法です!!

 

以上、初心者・中級者が上達する毎日5分でできる詰め将棋の解き方「はちみつ将棋カフェ式詰め将棋術」の講座でした。

スポンサーリンク