将棋ソフト

Liaro将棋自動実況システムとペッパーとポナンザと電王手さんコラボして欲しい!

将棋が上手い人の解説を聞きたいけど、なかなか聞くのはハードルが高いなぁと思った人もいるのでは?

今後は上手い人ではなく、将棋ソフトが「え?その手にはこういう手があるのでは?」「ここで、○○と指せば、ふんどしの桂を狙えます」「ここで相手に必死をかけて勝ちです。」「ちょ!この手は・・・負けですぜ」等と教えてくれるようになるかもしれません。

 なんと株式会社Liaroが将棋自動実況システムを開発したのです!これからの将棋上達の勉強方法が変わるかもしれません!

 

 

スポンサーリンク

将棋自動実況システムとは

 

株式会社Liaroが、Deep Learning等の画像認識アルゴリズムを利用した将棋実況システムを開発したとニュースになっています。

AIによる『将棋自動実況システム』を開発。認識精度90%を達成。

 

要するに、将棋の局面を生放送や写真などから読み込んで、現在の状況について実況していくれるシステムです。

 

ちなみに今回のシステムは、クローズドα版(テスト用)として開発されて、先日11月21日、22日に行われた第29期竜王戦七番勝負第4局(渡辺明竜王 対 丸山忠久九段)の生放送からAIに画面を読みこませたところ、盤面の認識精度が90%を示しました。

 

つまり、映像や画像を読み込ませるだけでほとんど間違えなく局面を読み取れるのです。実況してくれることよりもむしろこの局面を読み込めるというのがすごいところです!

 

 

実況してくれることより局面を読み込めるのがなぜすごいのか。

 

この将棋自動実況システムは、誰かが駒を動かして認識させたわけではなく、映像から局面を読み込んで実況してくれるわけです。

つまり、誰かがコンピュータの前に座って1手1手指し手を打ち込むなく、映像を読み込ませるだけで将棋の局面を認識できるわけです。これがなぜすごいかというと、下の様なことが実現できるのです。

 

・将棋道場やった対局の途中図や終了図の写真を撮っておくだけで局面の生成ができる。

 これはつまり、棋譜をいちいちとる必要がないということです。途中図さえ写真に収めておけば、だいたい何を指したか覚えていると思いますので、そこから感想戦をできます。

 また、この将棋局面図の読み取りシステムがスマホなどにアプリとして実用化されれば、対局中に映像さえ撮っておけば、それを読み込み、自分と相手と将棋ソフトによる感想戦ができます。

 

・読み混んだ図の実況をしてくれる。→詰みの確認や局面で候補手なども出せる可能性がある。

 また、現段階では局面の実況のみしかしてくれないようですが、局面の読み込みができるのであれば、将棋ソフトと併用できるようになると思います。

もし将棋ソフトと併用できるようになれば、現局面の形勢判断や候補手、詰みの確認なども行えるようになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 将棋の自動実況システムとは面白いシステムを作ってくれました。ありがたいです。

 このシステムは画像から読み取って現在の状況を実況するという部分のみを目的に作られたようですが、将棋ソフトとの連携や実況精度の向上等すれば、将棋界にとってはものすごい発明になると思います。

もし、画像や映像から読み混むだけで、対局の解説や実況、形勢判断などが簡単にできるようになれば、実際の対面による対局者も増えてくれますよね!今の時代ネット将棋(将棋倶楽部24や将棋ウォーズ、将棋クエスト等)が中心になっていますが、将棋道場にいっても、簡単に感想戦や解説がみられたら、将棋道場いくひとも増えると思いますし、将棋道場も賑わっていいですね!道場で上手い人に話を聞く緊張もなくなれば道場にも行きやすいですし!

今後も継続して、将棋自動実況システムの開発を進めてくれるといいなぁと思います!将棋ソフトや実況の精度向上に期待しましょう!

 

私的には、ペッパーみたいなロボットがぼやきながら「うーーんこの手には飛車をキリマンジャロですねー」等といいながら対局してくれて、対局終了後には棋譜を読み取っていて、「この局面では、青野照市取るいちでして、この変化の後に両取りがかけれます。」とかなんとか解説してくれるシステムを期待します。

あと、まだまだこの部分が足りないとネット検索してくれて「この変化はこの定跡書に乗っています。あと必死のかけ方も覚える必要があるのでこの本読んでみてくれ」と助言までしてくれると完璧ですね!(笑)

 

そんなシステム将棋界にできたらものすごく盛り上がると思うんですが・・・・将棋連盟さん、株式会社Liaro、電王手さんのデンソーさん、ポナンザ開発者の山本一成さん、Pepperを開発したソフトバンクさん是非よろしくお願いします(笑)

あと特別協賛でプロ将棋棋士木村一基八段や豊川孝弘七段の語録集も収録してくれれば、より面白いものができると思います(笑)

スポンサーリンク