上達方法

初心者向け!桂馬の手筋~控えの桂、歩越しの桂(歩頭の桂)~

前回は桂馬の手筋ふんどしの桂や継ぎ桂を見ていきました。今回は桂馬の手筋の控えの桂、と歩越しの桂について解説していきます。

桂馬のトリッキーさを使いこなせるように一緒に1歩1歩進んでいきましょう。

 

スポンサードリンク



控えの桂

控えの桂は、直接あたりに打つのではなく、控えて打つことで次に跳ねる手を両取り(ふんどしの桂)等の厳しい手にすることを狙った手です。会社でいうところの設備投資です。

たとえていうなら、ダイエットみたいな感じです。始めたばかりのころはすぐ効果があらわれませんが、後々効果が表れてくる・・・そんな素敵な手筋です。

ではさっそく見ていきましょう。下の図を見てください。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%91

これは振り飛車VS居飛車急戦の局面です。左辺で桂馬を拾うとこの手筋を指すことができます。控えて打つと何度もいっているのでもうわかるかもしれませんが、ここでは2六桂が好手で「控えの桂」です。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%92

次に3四桂馬と跳ねると王手金取りの両取りにできます。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%93

これを食らうと相手もたまったものではないです。のでいろいろと思考錯誤します。

まずは3三金と事前に受けると

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%94

これにはある桂馬の手筋が使えます。前回の記事でにお伝えしているのですぐに手がそこに行ってほしいところです。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%95

そうです。4五桂馬です。これは金銀の両取りとなっています。△4四銀、▲3三桂成、△同銀となれば下の局面になります。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%91%ef%bc%92

ここからは金を手に入れたので4五金~3四桂を狙う手、相手の隙を狙って角を打ち馬作りを狙う手等を指していけばいいです。また、先ほどまで連結していた5二の金の連結がなくなっているの見逃せません。

最初の囲いの局面と見比べてみると金が一枚相手の囲いからなくなっているのがわかると思います。

3三金はひどい目にあったので、相手は違う手に変えてきます。

控えの桂馬を打った局面に戻ります。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%92

この局面で3二玉と事前によけた場合はどうなるでしょうか。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%96

ここでも構わずに3四桂と跳ねるのが好手です。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%97

金取りになっていますので、金を逃げますが△3三金とすると、そこですかさず2二角と打ち込みます。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%98

相手が桂馬を取れば1一角成と香車を取りながら馬を作ることに成功しました。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%99

ここからは▲3五香車が前に確認した田楽刺しになり、相手陣にぶっささりますし、

>>香車の手筋はここから確認してください。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%91%ef%bc%94

それを避けて△3三金と引くとと先ほども見た通りで4五桂が金銀両取りになります。

%e6%8e%a7%e3%81%88%ef%bc%91%ef%bc%95

このように控えの桂馬を指すことで相手陣を乱すことや相手の囲いを弱体化させることができます。

控えの桂の威力がわかりましたか。このように一つの控えの桂という手筋をとってもいろんな手筋が絡み合ってくるのが将棋の魅力でもあります。

 

歩越しの桂馬(歩頭の桂)

この手筋は歩の頭に桂馬を打ち込んで、詰みを狙ったり、相手の玉に迫ることを目的にする手筋です。

一体どんな手筋なのか見ていきましょう。

%e6%ad%a9%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%91

この局面ではまだ詰まなそうに見えるかもしれませんが次の一手で詰みに追いやれます。

 

%e6%ad%a9%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%92

2四桂馬が急所の一手。これが歩越しの桂馬です。(ちなみに2二金は詰みません。いわゆるただやんです。)

この手の意味はすぐにわかります。相手が歩で桂馬を取ってきたとします。

%e6%ad%a9%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%93

2三の地点に空間ができました。この局面は1手詰めになっています。持ち駒を見てください。

%e6%ad%a9%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%94

2三金で詰んでいます。

先ほどの歩越しの桂馬で2三の地点に金を打ち込める空間を作ったのです。

重要なのでもう一度言います。

2三に相手の歩があると、自分の駒を打ち込むことができません。打ち込めないのなら打ち込めるようにしたらいいじゃないかということで桂馬を捨てることで2三の地点に空間を作ります。

その空いた空間に金を打ち込むことで詰ますことができたのです。

これが桂馬をただで捨てた意味です。

ただで捨てるといっても、そのあとに利益がないと捨てれません。読みの入った桂捨てと言えます。

 

 

2四桂馬と打った局面に戻ります。

%e6%ad%a9%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%92

ここで桂馬を取ったら詰んだので玉がよけてみます。

%e6%ad%a9%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%95

これも1手詰めです。考えてみてください。

%e6%ad%a9%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%96 %e6%ad%a9%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%97

3二角成でも3二金打ちでもどちらも詰みです。

このように歩越しに桂馬を捨てることで利益を得られるのが歩越しの桂馬です。

 

その他にも例を見てみましょう。

%ef%bc%91

今6一金と打たれたところです。しかしここではいい手があります。

%ef%bc%92

6四桂です!!

この手に同歩と取りますと

%ef%bc%93

6三の地点に空間が空きます。空間を開けたということは・・・

%ef%bc%94

63銀打ちです。この銀は玉でも銀でも取れません。玉で取ると竜で玉が取られてしまいますし、銀でとっても竜の横利きで玉が取られてしまいます。これは一間竜という竜の手筋です。またの機会に解説します。つまり8二玉か7一玉と逃げるしかありません。ここでは8二と逃げる局面を見ていきます。(※ちなみに7一玉は解説しませんが、詰んでいます。並べてみてください。)

%ef%bc%95

ここでは詰みはないですが意表の一手があります。こういう手が指せるようになると上達していきます。

%ef%bc%96

6二銀成が好手です。竜が金でとられてしまいそうですが、仮に取ってみましょう。

 

%ef%bc%97

取った局面が上の図ですが、よく持ち駒を確認してください。

%ef%bc%98

相手が竜を取ると▲7一銀打~8二金で詰んでしまいます。

これが玉寄り飛車を優先する初心者特有の罠です。私も何度同じようなことをしてきたか(笑)

このように歩越しの桂馬の手筋を使えるようになると桂馬の使い方の幅も広がると思います。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

桂馬のトリッキーさだからこそできる手筋ばかりだと思います。

桂馬ってこう使うのかと、基本のキの部分がわかっていただければこの上ない幸せです。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。よかったら、ポチっと!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村